2010年04月26日

「不適切な行為」と謝罪、虐待は認めず 宇都宮の老人施設(産経新聞)

 宇都宮シルバーホーム(宇都宮市平出町)の介護職員5人が、入所者の裸の写真を撮るなどの虐待行為をしたとされる問題で、同ホームを運営する医療法人「北斗会」の尾崎史郎理事長が19日、同市内で記者会見し、「不適切な行為だった」と謝罪したが、「虐待には当たらない」との見解を示した。

 尾崎理事長は「高齢者虐待防止法などを検討し、弁護士にも意見を聞いた結果、今回の行為は不適切だったが、虐待とは受け取っていない」と説明した。

 同会の大沢征二事務局長も、産経新聞の電話取材に「現場や弁護士の意見を踏まえ、会としては虐待とはとらえていない」との見解を示した。

 同会では当初、高齢福祉部長が「精神的な虐待があった」と説明していたが、尾崎理事長は「(部長との)認識に差があった。私は(虐待ではなく)不適当な行為だったと認識している」と話した。

 一方、宇都宮市は施設で行われた一連の行為を、虐待とみて調査を進めており、19日、介護保険法に基づいて施設への立ち入り調査を始めた。市保健福祉総務課では「調査で、ホーム側が虐待を認めたと認識している。ホームへの再確認などを含め、立ち入り調査を徹底したい」としている。

【関連記事】
老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針
介助拒否や襟首つかみ誘導 岡山の養護施設で虐待
少子化見据え「施設介護」充実を
体罰の問題施設名は公表すべき? 橋下知事の判断は…
虐待の連鎖断ち切れ 社会の無関心に警鐘

テレビ朝日に銃弾? 届く=脅迫容疑で捜査−警視庁(時事通信)
独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い−職員5人書類送検・宮崎刑務所(時事通信)
橋下知事の仲介、合併破談2市町が6年ぶり連携協議(産経新聞)
中国の死刑に干渉せず=政府答弁書(時事通信)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
posted by xnucsjn7sb at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。