2010年02月04日

亀井金融相「うるさいからうるさいと言っただけ」(読売新聞)

 亀井金融相は29日午前の閣議後の記者会見で、27日の参院予算委員会で答弁中にヤジを飛ばした自民党委員を「うるさい」とどなったことについて、「うるさいからうるさいと言っただけの話だ」と述べた。

 鳩山首相や民主党の小沢幹事長の政治とカネをめぐる問題を自民党が追及したことについても、「政治とカネに関する質問は国会議員がやる質問なのか。誰だってヤジりたくなる。少年探偵団でもやらないような質問だ」と批判した。

関東甲信、1日夜から一部で大雪…多摩すでに雪(読売新聞)
<国民読書年>開始を宣言 活字文化議員連など3団体(毎日新聞)
首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ−農業生物資源研と麻布大(時事通信)
posted by xnucsjn7sb at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)

 昨年8月に行われた衆院選を巡り、比例選の東京、南関東両ブロックの定数について、「小選挙区との合計議員数が人口に比例して配分されておらず、憲法違反」などとして、東京都内の弁護士らが中央選挙管理会に選挙無効(やり直し)を求めた2件の訴訟の判決が3日、1審の東京高裁であった。

 鈴木健太裁判長は「投票価値の平等を損なうとは認められない」と述べ、請求を棄却した。

 判決はまず、「小選挙区と比例選の区割りや議員数は公職選挙法で別々に定められており、両者の議員数を合計して問題を論じることはできない」と指摘。

 その上で、比例選のみの定数で比べた場合、「議員1人当たりの人口の格差は、最少の四国ブロックと比べ、東京ブロックは1・09倍、南関東ブロックも1・05倍にとどまっている」として、選挙権の平等には反しないと結論付けた。

トヨタ労組、5年ぶりにベア要求断念(読売新聞)
鳩山グループが「政治団体」に(産経新聞)
愛知・春日井のJR中央線で人身事故、1人死亡(読売新聞)
寛仁親王殿下がご退院 不整脈で転院 宮内庁(産経新聞)
日本中の患者を“中医協委員”に(医療介護CBニュース)
posted by xnucsjn7sb at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。