2010年02月03日

<桜島>火山活動が活発化 1月に爆発的噴火131回(毎日新聞)

 火山噴火予知連絡会(会長、藤井敏嗣・東京大地震研究所教授)が2日、気象庁で開かれ、桜島(鹿児島県)の1月の爆発的噴火が1955年10月の観測開始以来、最多の131回を数えるなど火山活動が活発化していることが報告された。

 桜島は、09年6月下旬以降活動が活発になり、7月に噴火警戒レベルが火口周辺への立ち入りを規制する2から、入山を規制する3に引き上げられた。10月以降は、噴出物が激しく飛ぶ爆発的噴火が頻発し、火山灰の量も増えている。

 噴出物を分析した結果、より深部のマグマ物質の比率が増加していた。また、火山灰の量が増えている一方で山体の沈下は認められないことから、桜島直下へのマグマの供給量は増加傾向にあるとみられる。

 藤井会長は「ただちに大規模噴火に移行する兆候は認められないが、今後、火山活動が活発化することは避けがたい」と話し、警戒を呼びかけた。【石塚孝志】

【関連ニュース】
旅:活火山の島を満喫 鹿児島・桜島
桜島の降灰:09年鹿児島市内、農業被害5億7450万円 /鹿児島
桜島まるごと体験フェア:桜島で食・工芸・温泉を満喫、あすから初開催 /鹿児島
桜島大根フェア:お越しを 宣伝隊が毎日新聞福岡本部を訪問 /福岡
大雪:やっと一区切り 市民生活に支障 /鹿児島

八ッ場ダムの橋入札延期、国交相が群馬県に要請(読売新聞)
抗がん剤「ネクサバール」、因果関係否定できない死亡が7例(医療介護CBニュース)
寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城(産経新聞)
<将棋>王将戦七番勝負第2局2日目 羽生が馬を作る(毎日新聞)
雇用見込み期間「31日以上」に緩和へ(読売新聞)
posted by xnucsjn7sb at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。