2010年01月12日

インフル患者、減少続く=依然ほとんどが新型−感染研(時事通信)

 昨年12月21〜27日に全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり19.63人で、4週連続で減少したことが7日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。検出されるウイルスは、依然ほとんどが新型の状況が続いている。
 1週間の推計患者数は約100万人で、夏以降の累積は推計約1753万人。 

【関連ニュース】
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も
インフル「ピーク過ぎつつある」=患者、2週連続減少
新型インフル患者が大幅減=「再流行の恐れも」

minatarouのブログ
とおるのブログ
ライブチャット
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
posted by xnucsjn7sb at 20:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「間違いない」容疑認める=知人女が覚せい剤注射−再逮捕の千葉県警警部補・警視庁(時事通信)

 覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕された千葉県警佐倉署の警部補佐藤祐介容疑者(48)が、警視庁組織犯罪対策5課と久松署の調べに「間違いありません」と容疑を認める供述をしていることが5日、分かった。
 同課によると、同容疑で再逮捕された知人の女(43)=別の同法違反(使用)罪で起訴=に腕に注射させたという。 

けんじのブログ
z7xz5xidの日記ブログ管理ツール
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 還元率
posted by xnucsjn7sb at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速道走行中、バス運転手が意識不明…乗客停車(読売新聞)

 8日午後4時頃、愛媛県東温市の松山自動車道で、下り線を走行中の同県新居浜市のホテルの送迎用マイクロバスの男性運転手(64)が意識を失い、ハンドルの上に突っ伏したのに、乗っていた女性(33)が気づいた。

 女性は、運転席の左側からハンドルを操作しながら、足を差し込んでブレーキを踏み、約1キロ先で路肩に停車させた。乗客15人にけがはなかった。運転手は病院に運ばれたが意識不明。

 県警高速隊の発表では、女性は前から2番目の左側の席に座っており、バスが蛇行運転を始めたため、異変に気づいたといい、低速で縁石に何度か接触した後、停車に成功したという。

 バスはこの日、ホテルで開かれた新年会帰りの客を送るため、ホテルを出発した。ホテルによると、運転手は2006年9月からアルバイトとして送迎バスなどの運転を担当していた。

よしおのブログ
新聞記者の鉄則
カードでお金
クレジットカード現金化 即日
携帯ホームページ
posted by xnucsjn7sb at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。