2010年01月09日

<ひき逃げ>路上で新聞販売店従業員が死亡 埼玉・飯能(毎日新聞)

 5日午前4時45分ごろ、埼玉県飯能市小瀬戸の県道に「バイクと男性が倒れている」と男性から110番があった。県警飯能署員が駆けつけると、同市双柳、東京新聞販売店従業員、長屋良一さん(56)が路上に倒れ、十数メートル手前には原付きバイクと散乱した新聞があった。長屋さんは胸を強く打っており病院で死亡が確認された。同署はひき逃げ事件として捜査している。

 同署によると、現場にはバイク以外の部品が落ちていた。現場は片側1車線のなだらかな下りの直線道路。【飼手勇介】

【関連ニュース】
沖縄ひき逃げ:米兵を書類送検…運転過失致死容疑
ひき逃げ:遺体の身元判明 北海道美唄
路上遺体:はねられて25キロ引きずりか 北海道美唄市
引きずり跡:ひき逃げ?の跡…15キロ先に遺体 北海道
ひき逃げ:津市で90歳女性死亡 愛知の学生を容疑で逮捕

ピアノマン
再起復活
2ショットチャット
債務整理・自己破産
携帯ホームページ
posted by xnucsjn7sb at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者訴訟、終結へ 国と原告合意 低所得者世帯は無料化(産経新聞)

 障害福祉サービス利用の原則1割を障害者が自己負担する「障害者自立支援法」の違憲訴訟で、和解に向けて協議していた国と原告団・弁護団は7日、同法廃止を含む基本合意文書に調印した。厚労省は現行法の廃止に伴い、平成25年8月までに新法を制定する。原告側は訴訟を終結させることになる。

 新法制定までの当面の措置として、4月から低所得の障害者世帯を対象に自己負担を無料化する。

 平成18年施行の自立支援法は、サービスの利用量に応じて負担額が決まる「応益負担」としたため、障害者からは「サービスの必要な重度の人ほど負担が重くなる」と批判が出ていた。

 20年10月以降、全国14地裁で約70人が提訴。「生存権の保障などを定めた憲法に違反する」などと主張していた。

 合意文書では、現行法の立法過程について「実態調査の実施や障害者の意見を十分踏まえることなく、拙速に制度を施行」と総括し、原告側の要望を盛り込む内容となった。

 新法の制定に向け、厚労省に「障がい者制度改革推進本部」を設置し、障害者のニーズに合わせた施策の検討をすることになる。

 調印式に出席した長妻昭厚労相は「障害者の生活に悪影響を与え、尊厳を傷つけたことに反省の意を表明します」と謝罪した。

 一方、広島原告の秋保喜美子さん(60)は「国には、誰もが生きがいを持って暮らせる制度を作ってもらいたい」と話した。

田舎で働くピアノ講師のブログ
下北沢ナビゲーター
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by xnucsjn7sb at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。